株式会社サカイ引越センター まごころこめておつきあい

ENTRY

新卒・第二新卒
中途採用

ENTRY

新卒・第二新卒
中途採用

サカイを支える仕事と人 営業講師に聞け!

  • 東関東Cブロック 東関東C推進課

    村上 大介さん

    営業講師 入社7年目

新人時代にお客様から「ありがとう」の手紙が

入社動機は。

学生時代に、自宅の引越しでサカイを利用しました。その時に接したスタッフの方の対応や気遣いに感動し、会社説明会へ。それまでは「引越しの作業をする」イメージしかなかったのですが、いろいろな部署の方が協力して引越しをするということを知り、その中で営業の仕事に魅力を感じて入社しました。

新人時代の思い出は。

研修では、サービス内容やサカイの強みが自分でキチンと話せるようになってからお客様のもとへ伺うことになりました。そうした中、担当したお客様から後日お礼状が。文面には、「親身になって話を聞き、最適な提案をしてくれた」「一生懸命さが嬉しかった」といった内容が書かれていました。お客様に喜んでいただけたということが本当に嬉しく、自分の仕事への誇りにつながりました。

村上 大介さん

一つ一つを振り返り、
日々向上を心がける

現在の仕事内容を教えてください。

埼玉エリアで働く営業担当の社員をフォローする営業講師をしています。営業する際の準備やお客様との接し方などを打ち合わせたり、一緒にお客様のもとへ伺ったりするのが主な仕事です。もちろん会社ですから売上の目標を掲げて活動することになりますが、何よりも「お客様にとって最適なプランをご提案する」能力が身につくように関わっています。

日々の仕事で心がけていることは。

仕事の「一つ一つを振り返る」ことですね。米・メジャーリーグで大活躍するイチロー選手も、一つ一つの試合を振り返り、努力を積み重ねて成果を出したという話を聞いたことがあります。私たちの仕事も同じで、一人のお客さま、一つの引越しを振り返り、さらに向上していくことが大切です。

村上 大介さん

引越しは「人生のドラマ」。お客様との出会いが喜びに

「営業」という仕事の魅力は。

一つ一つの引越しには、お客様の「人生のドラマ」があります。そんなお客様と最初に出会えるのが営業ですから、「一期一会」との想いでお客様のもとを訪問します。もちろん緊張や不安を感じることもありますが、それ以上にお客様と出会えるのが楽しみですし、「ありがとう」と言われることが嬉しくて。それが一番の魅力ですね。

「営業できるか不安」という新入社員さんもいるのでは

営業という仕事は、学生時代に経験できる人などほとんどいません。みんなが初めての経験で、同じスタートラインに立っています。そしてサカイは、どこまでもお客様の満足を追求する企業ですから、きちんと営業できるようになるまで研修を重ねるのです。だから、心配しなくて大丈夫。人と会うことが好き、人のために働ける仕事をしたいと思う方にはピッタリの仕事だと思いますよ。

村上 大介さん

学生へのメッセージ

新卒の就職活動は、人生で一回きりの経験になります。だから思いっきり取り組んで欲しいなと思います。
私自身もそうでしたが、知識や経験がなくても、先輩や上司が支えてくれる会社なら心配いりません。
そして、ぜひサカイの会社説明会にも足を運んでいただけたらと思います。